投資信託

外貨MMFは身近な投資信託の一つで、外貨建てのマネー・マネジメント・ファンドのことを指します。
分類で言えば、外国債券ファンドにあたるもので、日本以外で発行される外国籍のファンドです。
外貨MMFの魅力は購入単位が低く、少額資金からの運用も可能です。
加えていつでも解約できる点もポイントで、金利が高いのも特徴です。
これは同じ外貨を対象とする金融商品の中でも融通性もある点も魅力です。
なかでもオセアニア系のMMFは高金利の傾向があります。
この外貨建てのMMFの中身のセットされているのは国債や社債・コマーシャルペーパーなどです。
満期までの期間が短い債券を中心に組み入れており、発行している国の金利状況で利回りも変動していきます。
元本の確保性についても発行国の通貨ベースでみると高いので、初めて運用する方にも向いています。
そんな外貨建てのMMFの注意点としては為替リスクです。
円を外貨で立て替えて運用している商品であるため、購入時の円の相場に注意を払う必要があります。
為替動向次第では為替差損を負うことになり、外貨建て共通にするものですが、リスクとして捉えることがポイントです。
円相場の状況では様子見が必要になるのも、外貨建てのMMFです。
また、購入と解約時に為替手数料も掛かるため、購入・売却コストにも目を向けることも大切です。

Comments are closed.