外国債券

海外に投資をする手段の一つとして外国債券があります。資産を海外に移すというと、もっとも基本的なものが外貨預金なのですが、預金では金利が低いと考える人も多いようです。かといって株式に投資をするのはリスクが大きいと考える人も多く、このような人にとっては、債券が適していると考えられます。
注意しておかなければならないのがデフォルトリスクと為替リスクです。債券ですからデフォルトによって、投資した資金がかえってこなくなることもあり得ることです。このリスクを抑えるためには格付け情報を参考にするのが良いと考えられます。証券会社が販売するときには格付け情報も提示していることが多いですから、これを参考にするのが良いでしょう。
為替リスクは非常に大きなリスクだと考えられます。株式の場合には、為替変動よりも株価の上昇が上回れば円ベースでも利益がでることもあります。しかし、債券は価格変動が小さいために、為替変動リスクを吸収しきることができないことも多いと言えるでしょう。もちろんですが、円安になれば大きな利益を得る事ができますが、円高になれば大きな損失を発生させてしまうこともありますから、為替レートには常に注意しておかなければならないのです。

Comments are closed.