外国株式

アベノミクスによって大規模な行われるようになってからは、それまでの円高が是正されて一気に円安が進みました。今後も金融緩和が行われる可能性は高いと言えるでしょう。そのために海外に投資をすると言うことが必要とされてきているのですが、そのための投資商品の一つが外国株式です。
一時期は外国の株式を取引するハードルは非常に高かったのですが、最近では扱っている証券会社が増えてきたために、個人でも簡単に取引ができるというメリットがあります。円安の恩恵を受けるためや、資産を分散するという目的で用いられています。
ただ、リスクがあるということも知っておく必要があるでしょう。まず、経済状態や景気の状況が分かりにくいというデメリットがあります。最低でも英語を読むことができなければ情報を得ることは難しいでしょう。それとともに、為替リスクがあるということにも留意しておかなければなりません。現地通貨ベースでは利益が出ていたとしても、日本円に換算したときには損失が発生していることもあります。予想があたっても円高になって損失を発生する事もあるのです。このようなリスクを抑えるためには長期的な投資を心がけると言うことも必要ですし、為替ヘッジをかける事も必要となってきます。

Comments are closed.