外貨預金のTTSとTTB

外貨預金をするときには日本円を外貨に両替をする事が必要となりますし、外貨を引き上げるときには外貨を日本円に両替することが必要となります。このときには為替レートが適用されて、そして手数料を支払うことが必要となるのですが、これをまとめたものがTTSとTTBです。
TTSとは、対顧客電信売相場と呼ばれることもあります。金融機関が外貨を売るときの為替レートで、外貨預金として外貨を買うときの為替レートだと考えておくのが良いでしょう。
TTBとは、対顧客電信買相場の略で、金融機関が外貨を買うときの為替レートです。ですから、外貨預金に預けていた資金を日本円に両替するときには、TTBが適用されることになります。
TTSとTTBは、通常は価格差があります。この価格差が金融機関の手数料です。金融機関は民間の営利団体ですから、手数料という形で利益を得る事は必要となってきます。これが上乗せされた形でTTBとTTSが定められることになるのです。
ですから、外貨預金では、特別に何らかの手数料を支払わなければならないというわけではありません。手数料なしで利用しているように勘違いしてしまうこともあると思いますが、実際には為替レートに含まれていると考えておきましょう。

Comments are closed.