外貨預金は預金保険制度の対象外?

長引く不景気などの影響もあって、銀行などの預金はかなり低くなっていて、定期預金をしても昔ほどのメリットを感じるのがむスがしくなりました。日本円での預金の金利が低いのならば、他の方法でお金を運用することを考える人もいるでしょう。
お金の運用をする方法はいろいろあります。預金の他にも株式、投資信託、債権などがあり、しかも日本円だけでなく外貨でも同じようにたくさんの運用方法を選ぶことができるのです。
大切なお金なので、なるべくリスクが低い運用をしたいと思うでしょう。銀行の預金は預金保険制度の対象にもなっているし、安心なので利用したいと思っている人も、その金利で控えているかもしれません。外貨預金ならばある程度の利率を維持できているので運用方法として利用したいと思っている人もいるでしょう。
しかし、1つだけ気をつけなければいけない点があります。日本円では預金保険制度の対象となっていたとしても、実は同じ日本の銀行での預金だとしても外貨は対象外となっているのです。
日本の銀行を選ぶ時には利用しやすさなどで選んでいる人もいるでしょうが、外貨を預ける場合は金融機関選びは慎重におこなった方が良いでしょう。うまく運用をして、リスクを減らす為には、安心できる金融機関に外貨で預けるのも良い方法でしょう。

Comments are closed.