Archive for the ‘未分類’ Category

レバレッジ規制

資産運用を考えた場合に安全なのは日本円の定期預金です。しかし現在のような低金利では長期間預けても大きな利益は見込めません。しかし海外では預金金利が日本よりも高い国がありますので、外貨預金にすれば日本よりも金利を得ることが可能です。ただし、為替は変動しますから為替による差損が生じる危険は承知しておく必要があります。しかし逆に、為替差益で利益を得ることも可能なのでそれが外貨預金の魅力でもあります。もっとも、外貨預金で預けても金利による利益はさほど大きいとはいえません。そこで、多少のリスクはあっても大きな利益を得ることが可能なFX(外国為替証拠金取引)が視野に入ってきます。FXでは少額の証拠金で数十倍の為替取引が可能ですから、資金が少なくても大きな利益を見込めるのが魅力です。ただFXは非常にリスクを伴うため、近年金融庁主導によりレバレッジ規制がなされ2010年8月から最大50倍、2011年8月から最大25倍までとされています。これによって以前に比べ、多めの必要証拠金が必要となりました。それでも少ない元手で大きな利益を狙えるという投資商品としての魅力はまだあるでしょう。また、海外口座ならばこの規制は関係ありませんし、日本国内でも法人に関してはこの規制は及ばないので現在でもFX会社によっては200倍以上での取引が可能です。

外国為替証拠金取引

外貨を取引する手段はいくつかありますが、最もローコストで機動性に優れ、効率的な投資ができるのは外国為替証拠金取引です。いわゆるFXのことです。外貨預金に比べて、手数料は格段に安く済みます。手数料に相当するスプレッドを考慮してもトータルコストはかなり抑えられます。また、機動性に優れるというのは、基本は24時間取引が可能であるからです。土日祝日以外であれば、ほぼいつでも取引を行うことができます。そして、最大のメリットは効率性です。レバレッジをかけることで、預け入れた証拠金の何倍もの通貨を売買することができます。たとえば、10万円の証拠金があれば1ドルが100円のときには2万ドルを売買できます。為替が1円動けば2万円の損益が発生します。10万円の資金から2万円を稼げるのですから、とても効率的です。逆に損失が大きくなる可能性も高いですから、リスクコントロールは大事になります。また、スワップ金利を毎日受け取ることができます。高金利通貨を保有すれば、金利だけでも大きな収入になります。世界の経済指標や政治に影響されますので、常にチェックは必要です。ただ、株式ほどは複雑な知識は不要です。誰にでも取り組める投資方法です。

投資信託

外貨MMFは身近な投資信託の一つで、外貨建てのマネー・マネジメント・ファンドのことを指します。
分類で言えば、外国債券ファンドにあたるもので、日本以外で発行される外国籍のファンドです。
外貨MMFの魅力は購入単位が低く、少額資金からの運用も可能です。
加えていつでも解約できる点もポイントで、金利が高いのも特徴です。
これは同じ外貨を対象とする金融商品の中でも融通性もある点も魅力です。
なかでもオセアニア系のMMFは高金利の傾向があります。
この外貨建てのMMFの中身のセットされているのは国債や社債・コマーシャルペーパーなどです。
満期までの期間が短い債券を中心に組み入れており、発行している国の金利状況で利回りも変動していきます。
元本の確保性についても発行国の通貨ベースでみると高いので、初めて運用する方にも向いています。
そんな外貨建てのMMFの注意点としては為替リスクです。
円を外貨で立て替えて運用している商品であるため、購入時の円の相場に注意を払う必要があります。
為替動向次第では為替差損を負うことになり、外貨建て共通にするものですが、リスクとして捉えることがポイントです。
円相場の状況では様子見が必要になるのも、外貨建てのMMFです。
また、購入と解約時に為替手数料も掛かるため、購入・売却コストにも目を向けることも大切です。

外国株式

アベノミクスによって大規模な行われるようになってからは、それまでの円高が是正されて一気に円安が進みました。今後も金融緩和が行われる可能性は高いと言えるでしょう。そのために海外に投資をすると言うことが必要とされてきているのですが、そのための投資商品の一つが外国株式です。
一時期は外国の株式を取引するハードルは非常に高かったのですが、最近では扱っている証券会社が増えてきたために、個人でも簡単に取引ができるというメリットがあります。円安の恩恵を受けるためや、資産を分散するという目的で用いられています。
ただ、リスクがあるということも知っておく必要があるでしょう。まず、経済状態や景気の状況が分かりにくいというデメリットがあります。最低でも英語を読むことができなければ情報を得ることは難しいでしょう。それとともに、為替リスクがあるということにも留意しておかなければなりません。現地通貨ベースでは利益が出ていたとしても、日本円に換算したときには損失が発生していることもあります。予想があたっても円高になって損失を発生する事もあるのです。このようなリスクを抑えるためには長期的な投資を心がけると言うことも必要ですし、為替ヘッジをかける事も必要となってきます。

外国債券

海外に投資をする手段の一つとして外国債券があります。資産を海外に移すというと、もっとも基本的なものが外貨預金なのですが、預金では金利が低いと考える人も多いようです。かといって株式に投資をするのはリスクが大きいと考える人も多く、このような人にとっては、債券が適していると考えられます。
注意しておかなければならないのがデフォルトリスクと為替リスクです。債券ですからデフォルトによって、投資した資金がかえってこなくなることもあり得ることです。このリスクを抑えるためには格付け情報を参考にするのが良いと考えられます。証券会社が販売するときには格付け情報も提示していることが多いですから、これを参考にするのが良いでしょう。
為替リスクは非常に大きなリスクだと考えられます。株式の場合には、為替変動よりも株価の上昇が上回れば円ベースでも利益がでることもあります。しかし、債券は価格変動が小さいために、為替変動リスクを吸収しきることができないことも多いと言えるでしょう。もちろんですが、円安になれば大きな利益を得る事ができますが、円高になれば大きな損失を発生させてしまうこともありますから、為替レートには常に注意しておかなければならないのです。

外貨預金は預金保険制度の対象外?

長引く不景気などの影響もあって、銀行などの預金はかなり低くなっていて、定期預金をしても昔ほどのメリットを感じるのがむスがしくなりました。日本円での預金の金利が低いのならば、他の方法でお金を運用することを考える人もいるでしょう。
お金の運用をする方法はいろいろあります。預金の他にも株式、投資信託、債権などがあり、しかも日本円だけでなく外貨でも同じようにたくさんの運用方法を選ぶことができるのです。
大切なお金なので、なるべくリスクが低い運用をしたいと思うでしょう。銀行の預金は預金保険制度の対象にもなっているし、安心なので利用したいと思っている人も、その金利で控えているかもしれません。外貨預金ならばある程度の利率を維持できているので運用方法として利用したいと思っている人もいるでしょう。
しかし、1つだけ気をつけなければいけない点があります。日本円では預金保険制度の対象となっていたとしても、実は同じ日本の銀行での預金だとしても外貨は対象外となっているのです。
日本の銀行を選ぶ時には利用しやすさなどで選んでいる人もいるでしょうが、外貨を預ける場合は金融機関選びは慎重におこなった方が良いでしょう。うまく運用をして、リスクを減らす為には、安心できる金融機関に外貨で預けるのも良い方法でしょう。

外貨預金のTTSとTTB

外貨預金をするときには日本円を外貨に両替をする事が必要となりますし、外貨を引き上げるときには外貨を日本円に両替することが必要となります。このときには為替レートが適用されて、そして手数料を支払うことが必要となるのですが、これをまとめたものがTTSとTTBです。
TTSとは、対顧客電信売相場と呼ばれることもあります。金融機関が外貨を売るときの為替レートで、外貨預金として外貨を買うときの為替レートだと考えておくのが良いでしょう。
TTBとは、対顧客電信買相場の略で、金融機関が外貨を買うときの為替レートです。ですから、外貨預金に預けていた資金を日本円に両替するときには、TTBが適用されることになります。
TTSとTTBは、通常は価格差があります。この価格差が金融機関の手数料です。金融機関は民間の営利団体ですから、手数料という形で利益を得る事は必要となってきます。これが上乗せされた形でTTBとTTSが定められることになるのです。
ですから、外貨預金では、特別に何らかの手数料を支払わなければならないというわけではありません。手数料なしで利用しているように勘違いしてしまうこともあると思いますが、実際には為替レートに含まれていると考えておきましょう。

外貨預金を学ぶ

一般的に円とドルということで円高ドル安、もしくは円安ドル高というような言葉が知られているので外貨預金ということに関してはアメリカドルをやり取りするというようなイメージが強いものと考えられます。
しかし実際に外貨の預金をしたいということで取引内容を見てみると、ものすごくたくさんの通貨から選択をするということができるということに気づかされるはずです。
金融機関で取引されている通貨においては、アメリカドルをはじめ、ユーロであったり、カナダドル、ポンド、ニュージーランドドルや、スイスフラン、南アフリカランドというようにさまざまなものがあります。
円預金では得られないような金利ということも魅力に感じられるものですが、外貨を通じて預金をするということにおいてはメリットと、一方でデメリットというものもあるので両方を知ってからトライしてみるということも必要です。
金利の面で非常に魅力的だというように感じても為替変動が大幅にあり、差益が非常に多く発生してしまうということも考えられます。
金利が大きい魅力という事であっても、経済の状況などをしっかりと見極めて、安心だというような判断を自分自身がどこに見出すことができるかどうかということがポイントになっていくのです。

投資スタイルに合った選び方

最近投資に関して多くの人が興味を持ち、少額ながら始める事が出来るため、多くの人が初めているのではないでしょうか。そんな投資ですが、種類も投資先も多岐に渡りますので、最適な投資先を選択する事と、投資目的を明確に持つ事で投資スタイルや投資先の商品の選び方が変わって来ます。
まずは月々投資出来る金額を明確に無理の無い程度準備する様にしましょう。近年、月々何千円からスタート出来るといった商品も増えて来ていますので、少額からのスタートは簡単です。例えば、近年人気の投資方法である外貨預金。外国の口座へ預金するスタイルなので、普段から日本で預金している事を考えれば投資方法としては難しくはないはずです。しかし日本で預金をする事と大きく異なる点が、外国の為替の影響を大きく受ける点にあります。1ドル何円というニュースは日々目にする事も多いと思いますが、預金する際とその預金を引き出す際に為替の影響を受けますので、頻繁に引き落とす事はお勧めしません。長期的に考え、その国の金利によるメリットと将来的に円安になった際に引き出すスタンツで望めばメリットを多く享受出来るはずです。
この様に投資方法によって選択すべき商品が変わって来ますので、期間や目的を明確にした上で選択する様にしましょう。